menu

お問い合わせ

CSR

CSR

ph-csr.jpg医薬品、医療機器、再生医療等製品、化学物質、農薬等は、人々の健康と社会の発展に貢献するものとして世界中で使用されています。私たちは、これらの優れた製品による副作用や環境破壊を未然に防ぐことが重要な責務であると考えています。

化合物安全性研究所は、非臨床試験及び臨床試験を通じて人々の健康で豊かな生活に貢献することを経営理念としています。また、非臨床試験から臨床試験までサポートすることにより高い開発効率を提供すること、及びGLP及びGCPを遵守した信頼性の高いデータを提供することにより、多くのお客様の研究開発に貢献したいと考えています。

動物福祉

私たちにとって、製品により引き起こされる副作用や環境破壊の防止は大きな課題です。消費者が製品を安全に使用できることや、製品に含まれる化学物質が環境に長期的な影響を与えないこと、この安全性を確保するために、動物実験代替法の普及・拡大を推進しています。

化合物安全性研究所は、持続可能な社会を実現するための取り組みの一環として、動物実験代替法の普及・拡大に向けた取り組みを行っております。具体的には、動物実験代替法学会に加盟し、自社で検討を行っている動物実験代替法の成果発表を行うとともに、Draize法の代替法として開発されたBCOP法(OECD TG 437)を日本で初めて受託事業化し、BCOP法の普及・拡大のため、毎年無料でBCOP法を体験する研修会を開催しています。さらに、BCOP法の適用が拡大できるよう、弱刺激性の評価研究を行っております。

化合物安全性研究所で立案する非臨床試験は、可能な限り使用する動物数を減らすよう検討しています。非臨床試験は、「動物愛護及び管理に関する法律」、「実験動物の飼育及び保管等に関する基準」などの法規制を遵守し、「Reduced(削減)」、技術の「Refined(洗練)」により苦しみを最小限に抑える、最終的に「Replaced(ほかの方法に置き換える)」という、ラッセルとバーチが提唱する「3R」の原則のもと、「動物倫理委員会」を設置、「動物実験倫理規定」を策定。2013年9月27日付で第3者認証となるヒューマンサイエンス振興財団による動物実験認証を取得し、適正な管理を行うよう努めています。

主な活動内容

化合物安全性研究所主催 学術講演会

ph-seminar.jpg医薬品、医療機器、再生医療等製品、農薬、化学物質等を研究・開発する専門家をお招きし、研究者・開発担当者向けの学術講演会を毎年無償開催しています。

化合物安全性研究所主催 BCOP法研修会

Draize法の代替法として開発されたBCOP法(OECD TG 437)を体験する研修会を毎年無償開催しています。

毒性学等に関する出張講義

北海道内の大学等からの要請を受けて、毒性学等に関する出張講義を無償で実施しています。

施設見学の受け入れ

企業・団体等からの要望を受けて、弊社札幌研究所における施設見学及びCROビジネスの概要説明を無償で実施しています。

札幌市清田区運動会への助成

img-jyosei.jpg弊社札幌研究所が所在している札幌市清田区で開催される運動会に毎年寄付をしています。

近隣住民の積極採用

ph-kinjrin.jpg弊社非臨床事業部では、札幌研究所が所在している札幌市清田区に居住している近隣住民を積極採用し、非臨床試験における実験補助業務、データマネジメントの補助業務を担当していただいています。

女性管理職の積極途用

ph-woman.jpg弊社では、女性の管理職への途用を積極的に行っています。

産休・育休取得の推進

ph-ikukyu.jpg弊社では、従業員が産休・育休を取得することを推進しています。

従業員のキャリア形成

従業員の職務能力を開発するため、資格取得及び学位取得等にかかる費用を支援しています。

発展途上国への支援活動

ペットボトルキャップの回収や書き損じはがき、古本などの収集を行い、発展途上国への支援活動に参加しています。

お問い合わせはこちら

試験のご依頼・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

page top