menu

お問い合わせ

クローズアップ

ブタを用いた非臨床試験のご案内

ブタを用いた非臨床試験

ph-medical_devices-topics.jpgのサムネイル画像ブタは、イヌ、ウサギなどと比べて体格、気管や血管の長さをはじめとする解剖学的、生理学的特徴がヒトに近く、機器本体を体内に埋め込むことができる点など、臨床に近い形で安全性試験を行えるというメリットがあります。当施設では、ブタを用いた生物学的安全性試験をGLP基準下で実施可能です。

試験例

血液適合性試験・埋植試験・有効性/使用模擬試験

ブタ情報

種類、品種

  • 家畜ブタ
  • ミニブタ

微生物統御

  • HACCP
  • SPF

入荷時体重

  • 30kg~
    (家畜ブタ)
  • 15~40Kg
    (ミニブタ)

ISO-10993-4

ISOの改訂により、血液適合性について情報がより詳細に求められるようになりました。

対象となる医療機器

カテーテル、人工血管、ステント、人工弁、補助循環装置 etc...


欧州では、イヌよりも家畜ブタの使用が多くなっており、弊社では臨床経験豊富な獣医師を含めた優秀なスタッフが試験を実施いたします。

詳細はスタッフにお問い合わせください

クローズアップ一覧へ戻る

お問い合わせはこちら

試験のご依頼・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

page top