受託試験(非臨床事業)Commissioned test

動物用医薬品の毒性試験(動物用医薬品GLP)

動物用医薬品を農林水産省へ申請するためには、臨床試験及び安全性に関する非臨床試験が必要となります。
申請に必要な安全性に関する試験を動物用医薬品GLP基準に準拠し、「動物用医薬品のための毒性試験法ガイドライン」に則って実施します。

各種試験項目

急性毒性試験
亜急性毒性試験(1ヵ月)
慢性毒性試験(3ヵ月)
生殖発生毒性試験 催奇形性試験
一世代生殖毒性試験
REACH対応試験 細菌を用いる復帰変異試験
ほ乳類培養細胞を用いる染色体異常試験
マウスを用いる小核試験
がん原性試験

ページの先頭へ戻るページトップへ