トピックス

過去のトピックス一覧

  • イベント

    平成30年6月13日

    「第7回学術講演会:医療機器開発の最新動向」申込受付終了のお知らせ

    さて、ご案内をしておりました6月25日開催「第7回学術講演会」につきましては、多数のお申込みをいただき定員となりましたので、申込受付を終了とさせていただきます。何卒、ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。
  • イベント

    平成30年4月18日

    弊社主催「第7回学術講演会:医療機器開発の最新動向」申込受付開始

    今年で第7回目となります弊社主催「学術講演会」の申込受付を開始いたします。
    今回はご専門の先生方のご協力のもと「医療機器」に特化したテーマによる学術講演会といたしました。
    さらに当日は弊社スタッフによる「ランチョンセミナー(医療機器生物学的安全性試験)」も開催いたします。 ご多忙の折とは存じますが、多数の皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。

      開催日  :2018年6月25日(月)
      開催場所 :タワーホール船堀
      参加費  :ランチョンセミナー・講演会・懇親会とも参加無料

    【ランチョンセミナー】(10時30分受付開始)
      安全性試験の具体的な試験方法について、弊社スタッフが解説させて頂きます。

     1.細胞毒性および遺伝毒性に関して
     2.感作性、刺激性、発熱性、全身毒性に関して
     3.血液適合性試験に関して



    【学術講演会】 (13時00分受付開始)
      座長:千葉科学大学 副学長 堀本 政夫 先生

    1. 日本発医療イノベーションのグローバル展開の挑戦
      株式会社 日本医療機器開発機構 取締役 CBO 石倉 大樹 先生

    2. 医療機器の開発における規制概要 - GLP, QMS, 医学系指針 -
      テルモ株式会社 研究開発本部 企画管理部 開発推進課長 長谷川 弘和 先生

    3.医療機器の生物学的安全性評価
      国立医薬品食品衛生研究所 医療機器部 部長 蓜島 由二 先生

    4.生物学的安全性試験の概要 - 試験を委託するにあたって -
      化合物安全性研究所 安全性研究部 医療機器評価・特殊毒性研究室 室長 山本 翼

    5.医療機器開発における家畜ブタ利用の提案
      化合物安全性研究所 安全性研究部 医療機器評価・特殊毒性研究室 主任研究員 市戸 等

    【懇親会】(17時20分~19時20分)

    お申込み及び詳細はこちら
  • 学会・展示会

    平成30年1月16日

    「日本毒性病理学会学術集会 ポスター発表のご案内」

    平成30年1月25日~26日に沖縄県で開催される「日本毒性病理学会学術集会」にて、BCOP法による弱刺激性物質の判定に関するポスター発表を行います。是非お立ち寄りください。

    【ポスター発表】
    会場:沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ 7Fシェルホール
    日時:平成30年1月26日(金)13:10~14:10
    テーマ:ウシ摘出角膜の混濁度および透過性試験法(BCOP法)と病理組織学的検査の併用による眼に対する弱刺激性物質判定の検討
     
  • ピックアップ

    平成29年8月28日

    「毒物劇物の判定基準の改定(通知)」について

    薬生薬審発0613第1号平成29年6月13日付 厚生労働省医薬・生活衛生局「毒物劇物の判定基準の改定について(通知)」において、毒物又は劇物の判定に用いることが出来る有効な代替法として、弊社が受託している「OECD TG 431 in vitro皮膚腐食性:ヒト3次元培養表皮モデル」及び「OECD TG 437 ウシ摘出角膜を用いる混濁度及び透過性試験」が明記されました。また、これらの代替法を用いた知見については、毒物劇物の除外を申請する場合において活用可能とされております。
    弊社では、上記試験をGLP適合にて受託しております。まずはお気軽にお問い合わせください。

    OECD TG 431 :in vitro皮膚腐食性:ヒト3次元培養表皮モデル
    OECD TG 437 :ウシ摘出角膜を用いる混濁度及び透過性試験
     
  • イベント

    平成29年7月25日

    「牛摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP法)体験研修会のご案内」

    今年で第5回目となります【牛摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP法)体験研修会】を下記日程にて開催いたします。
    本研修会では当日採取した牛角膜を用いて、実際に試験操作を体験をしていただくことで本試験法への理解を深めていただきたいと考えております。 是非皆様のご参加をお待ちしております。

    【開催日時】平成29年9月11日(月)~12日(火)
    【開催場所】(株)化合物安全性研究所
    【申込締切】定員となり次第受付終了とさせていただきます。
    【研修参加費】無料(詳細は下記パンフレットをご確認ください。)

    お申込み及び詳細はこちら
  • ピックアップ

    平成29年7月25日

    LC-MS/MSを用いた分析のご案内

    クローズアップページの「LC-MS/MSを用いた分析のご案内」に学会ポスター等の資料を追加いたしましたので、是非ご覧ください。

    クローズアップページ
     
  • ピックアップ

    平成29年5月23日

    「第44回日本毒性学会学術年会 ランチョンセミナー、ポスター発表のご案内」

    弊社は、来たる2017年7月10日(月)~12日(水)にパシフィコ横浜で開催される「第44回 日本毒性学会学術年会」において、企業展示を行うとともにランチョンセミナーおよびポスター発表を行います。ランチョンセミナーでは、東京大学などとともに「インプラント型自己細胞再生軟骨」の実用化に向けて、研究開発から薬事戦略相談を経て企業治験許可までを経験しておられる、富士ソフト株式会社 常務執行役員 再生医療研究部部長 原井基博先生に「再生医療等製品の開発から企業治験の現状」と題してご講演をいただきます。多数の皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。

    <ランチョンセミナー>
    開催日時:2017年7月12日(水)12:15~13:15
    開催場所:パシフィコ横浜 第3会場(5F 501)
    題名:
    再生医療等製品の開発から企業治験の現状(企業とアカデミアで共有すべき知識)
    講師:
    原井基博先生
    富士ソフト株式会社 常務執行役員 再生医療研究部部長
    富士ソフト・ティッシュエンジニアリング株式会社 代表取締役社長 千葉大学客員教授

    座長:
    坂口圭介先生
    ISO/TC194日本国内委員(副委員長)、医機連GLP-SWG主査
    テルモ株式会社 研究開発本部 評価センター長

    <ポスター発表>
    ポスター発表①:ウシ摘出角膜を用いる眼刺激性試験(BCOP試験)におけるPAS染色の有用性
    ポスター発表②:LC-MS/MSを用いた甲状腺ホルモンの分析及び 絶食によるラット血清中チロキシンの影響
    ポスター発表③:Diethylstilbestrol投与による成雄ラット下垂体中 プロラクチンの増加
    ポスター発表④:調製液媒体の安定性の検討
                 
    <企業展示>
    展示期間:2017年7月10日(月)~12日(水)
    展示場所:3F(展示ブース:30)
                 
    詳細はこちら
  • ピックアップ

    平成29年3月30日

    「SOT 56th Annual Meeting and ToxExpo」参加報告

    2017年3月Maryland州Baltimoreで開催されたSociety of Toxicologyの「56th Annual Meeting and ToxExpo」に国立医薬品食品衛生研究所 新規試験法評価室 室長 小島先生と弊社 病理検査室 室長 古川が参加し、BCOP法の病理組織学的検査に関するポスター発表を行いました。発表の内容は、BCOP法で弱刺激性を判定するための検討として行った「PAS染色標本による病理組織学的検討の結果」です。以下にポスターデータを添付いたしておりますのでご覧ください。

    「SOT 56th Annual Meeting and ToxExpo」発表ポスター
     
  • ピックアップ

    平成29年3月3日

    ㈱化合物安全性研究所主催「第6回学術講演会」申込受付開始のお知らせ

    恒例となりました弊社主催「学術講演会」の申込受付を開始いたします。今回もご専門の先生方のご協力をいただき、社会的に大きく関心のある内容となっておりますので、ご多忙の折とは存じますが、多数の皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。

    開催日時 2017年5月15日(月)13:00~
    開催場所 タワーホール船堀
    参加費 講演会・懇親会とも参加無料
    講演内容

    1)ヒト投与量設定における非臨床試験データの解釈
    北里大学病院 臨床試験センター長 教授 熊谷 雄治 先生

    2)非臨床試験における毒性病理所見に関する国際動向
    一般財団法人 残留農薬研究所 理事長 原田 孝則 先生

    3)「医療機器の血液適合性試験」ISO10993-4の動向を中心に
    旭化成メディカル株式会社 医療製品開発本部
    医療技術・材料研究所 グループ長 畑中 美博 先生

    4)再生医療等製品GLP試験の実際
    株式会社化合物安全性研究所 安全性研究部 顧問 河村 公太郎


    お申込書・詳細はこちら
     
  • ピックアップ

    平成29年2月22日

    ステロイドホルモン一斉分析 学会発表ポスター

    クローズアップページの「LC-MS/MSによるステロイドホルモン一斉分析について」に学会発表ポスターを添付いたしましたので、是非ご覧ください。

    クローズアップページ
     
  • 学会・展示会

    平成29年1月6日

    「メディカル ジャパン 2017」企業展示のご案内

    2017年 2月15日(水)~17(日)インテックス大阪で開催されるメディカルジャパンにて企業展示を行います。 お越しの際は是非弊社ブースにお立ち寄りください。お待ちいたしております。

     メディカルジャパン バナー
  • 学会・展示会

    平成28年10月20日

    「医療機器セミナー開催のご案内」

    2016年11月25日(金)愛知県水産会館にて弊社主催の「医療機器セミナー」を開催いたします。当日は、テルモ株式会 社研究開発本部評価センター長 坂口圭介先生に「医療機器の薬事承認に求められる生物学的安全性評価について」 と題した、業界内で非常に関心の高いテーマについてご講演をいただきます。多数の皆さまのお越しを心よりお待ち 申し上げます。

    <医療機器セミナー>
    開催日時:2016年11月25日(金)13:00~16:00(名刺交換会:16:00~17:00)
    開催場所:愛知県水産会館4F
    申込期間:2016年11月15日迄
    題名:医療機器開発における生物学的安全性に関する非臨床試験の現状
    講師:坂口圭介先生
    ISO/TC194日本国内委員(副委員長)、医機連GLP-SWG主査テルモ株式会社研究開発本部評価センター長
    市戸等株式会社化合物安全性研究所安全性研究部副部長兼毒性研究室室長医療機器評価グループリーダー
    詳細はこちら
  • 学会・展示会

    平成28年10月20日

    「日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016」ランチョンセミナー及び企業展示のご案内

      2016年11月21日(月)~22日(火)福岡国際会議場で開催される「日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016」 にて、ランチョンセミナー及び企業展示を行います。ランチョンセミナーでは、東京大学などともに軟骨を再生する研 究に取り組むなど、再生医療分野において最前線におられる、富士ソフト株式会社常務執行役員再生医療研究部部長原 井基弘先生にご講演をいただきます。多数の皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。

    <ランチョンセミナー>
    開催日時:2016年11月22日(火)12:10~12:55
    開催場所:福岡国際会議場
    題名:再生医療等製品の開発から企業治験の現状(企業とアカデミアで共有すべき知識)
    講師:原井基博先生
    富士ソフト株式会社常務執行役員再生医療研究部部長
    富士ソフト・ティッシュエンジニアリング株式会社代表取締役社長千葉大学客員教授
    詳細はこちら
  • 学会・展示会

    平成28年10月20日

    「第29回日本動物実験代替法学会」講演発表及び企業展示のご案内

    2016年11月16日(水)~18日(金)九州大学医学部百年講堂で開催される「第29回日本動物実験代替法学会」にて、講 演発表及び企業展示を行います。講演発表では、弊社が日本で初めて受託を開始した眼刺激性試験代替法(BCOP法) における病理組織学的評価を含めた研究成果等について発表させていただきます。

    <講演発表>
    開催日時:2016年11月16日(水)13:30
    シンポジウム1「化粧品、医薬品の安全性試験代替法の動向」
    開催場所:九州大学医学部百年講堂
    題名:牛摘出角膜を用いた混濁度及び透過性試験法(BCOP法:眼刺激性代替法試験)における角膜の病理組織学的検査 による弱刺激性物質の評価
    講師:株式会社化合物安全性研究所安全性研究部病理検査室 主任研究員伊藤浩太
    詳細はこちら
  • 学会・展示会

    平成28年9月5日

    「食品開発展2016 ブース出展のご案内」

    東京ビッグサイトで開催される、『食品開発展2016』にて、ブース出展を致します。
    会場にお越しの際には、是非弊社ブースにお立ち寄りください。お待ちいたしております。

    【期間】平成28年10月5日(水)~7日(金)(3日間)
    【会場】東京ビックサイト 西1ホール
    【小間】1-309
  • イベント

    平成28年7月5日

    「牛摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP法)体験研修会のご案内」

    今年で第4回目となります【牛摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP法)体験研修会】を下記日程で開催いたします。
    本研修会では採取した牛角膜を用い、実際に試験操作を体験をしていただくことで本試験法への理解を深めていただきたいと考えております。
    是非皆様のご参加お待ちしております。

    【開催日時】平成28年9月12日(月)~13日(火)
    【開催場所】(株)化合物安全性研究所
    【申込締切】2016年8月5日(金)
    【研修参加費】無料(詳細は下記パンフレットをご確認ください。)

    お申込み及び詳細はこちら
  • 論文

    平成28年7月

    Suppression of Liver Apo E Secretion Leads to HDL/Cholesterol 1 Immaturity in Rats.
    Kosuke Yamaguchi 1, Mariko Ishii 1, Naoyuki MAEDA 2, Hidetomo Iwano 1, Hiroshi Yokota 1. FEBS open Bio
    1. 酪農大獣医生化学
    2. 化安研
  • 学会・展示会

    平成28年5月25日

    第43回 日本毒性学会学術年会 参加のお知らせ

    平成28年6月29日(水)から3日間、ウィンクあいちで開催される第43回 日本毒性学会学術年会にて口演、ポスター発表、企業展示を行います。

    【会期】2016年(平成28年)6月29日(水)~ 7月1日(金)
    【会場】ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

    ○口演
    L-type amino acid transporter 1 and 4F2 heavy chain on tumor microvasculature inN-butyl-N-(4-hydroxybutyl)nitrosamine rat bladder carcinoma; microscopy ElectronImmunohistochemical analysis
    Tomoko MUTO1, Masaya MOTOHASHI2, Hiroyuki TAKAHASHI3, Masahiro IKEGAMI3,Yoshikatsu KANAI4,Hitoshi ENDOU5, Shin WAKUI2
    1 Safety Research institute for chemical compounds Co., Ltd , 2 Department of Toxicology, Azabu University School ofVeterinary Medicine , 3 Department of Pathology, The Jikei University School of Medicine ,4 Department of Pharmacology, Osaka University Graduate School of Medicine , 5 J-Pharma Co., Ltd

    ○ポスター発表
    1. LC-MS/MSを用いたラット臓器中ステロイドホルモン一斉分析法及び毒性試験への応用
    前田尚之,奥村佳奈子,松浦正男(株式会社化合物安全性研究所)

    2. 牛摘出角膜を用いた混濁度及び透過性試験法 (BCOP法:眼刺激性代替法試験)における角膜の病理組織学的検査による弱刺激性物質の評価
    伊藤浩太1),榊原隆史1),古川正敏1),奥村宗平1),越田美1),河村公太郎1),松浦正男1),小島肇2)
    1) 株式会社化合物安全性研究所,2) 国立医薬品食品衛生研究所

    会場にお越しの際には、是非弊社ブースにお立ち寄りください。お待ちいたしております。
  • ピックアップ

    平成28年4月20日

    この度発生した熊本地震により被害に遭われた方々に謹んでお見舞い申し上げます。
    株式会社化合物安全性研究所は、被災者の方々への支援および被災地の復興に役立てていただくため義援金拠出の対応を行います。
    皆さまの安全と一日も早い復興を心よりお祈りいたします。
  • ピックアップ

    平成28年4月13日

    再生医療等製品GLP適合性認定取得のお知らせ

    この度、株式会社化合物安全性研究所は、再生医療等製品GLP適合性調査において、「適合性認定」を取得いたしましたのでお知らせいたします。

    再生医療等製品GLP適合確認書
  • 論文

    平成28年3月

    Simultaneous Determination of the Neurotransmitters and Free Amino Acids in Rat Organs by LC-MS Analysis.
    Naoyuki MAEDA 1*, Michiko Sato 2, Satoko Haeno 2 and Hiroshi Yokota 2, Research of One Health.2016 Maech.
    1. 株式会社化合物安全性研究所
    2. 酪農学園大学獣医生化学ユニット
    *Corresponding Author
  • ピックアップ

    平成28年2月26日

    農薬GLP基準適合確認更新のお知らせ

    この度、株式会社化合物安全性研究所は、農薬GLP適合性調査において、「基準適合施設」の更新をしましたのでお知らせいたします。

    農薬GLP適合確認通知
  • ピックアップ

    平成28年2月26日

    再生医療の製品に係る有効性・安全性試験について

    弊社は、再生医療の製品に係る有効性・安全性試験の実績を保有する受託機関です。
    再生医療の製品開発をサポートいたしますので、再生医療の製品に係る有効性・安全性試験につきましては、お気軽にお問合せください。

    ・核型分析試験
    ・軟寒天コロニー形成試験
    ・免疫不全動物を用いる造腫瘍性試験等
  • ピックアップ

    平成28年2月26日

    牛摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP法)

    2009年9月に経済協力開発機構(OECD)の化学物質の刺激性試験法に関するガイドライン(OECD TG437)に採択された「牛摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP法)」の受託を実施しております。
    病理組織学的評価を含めてお気軽にお問い合わせください。
  • 学会・展示会

    平成28年2月12日

    第5回学術講演会終了

    平成28年2月10日(水)に開催されました【第5回学術講演会】は、おかげさまで多くの方々のご出席を賜り無事終了することができました。心より御礼申し上げます。
    弊社は今後も、新たな取り組みを継続していく所存でございます。何卒、今後ともご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
  • 学会・展示会

    平成28年2月5日

    日本農薬学会第41回大会 ブース出展

    平成28年3月17日(木)から3日間、島根大学(松江キャンパス)で開催される日本農薬学会第41回大会にブース出展致します。

    【会期】2016年3月17日(木)~19(土)
    【会場】島根大学(松江キャンパス)

    会場にお越しの際には、是非弊社ブースにお立ち寄りください。お待ちいたしております。
  • 学会・展示会

    平成28年2月5日

    第2回再生医療産業化展 ブース出展

    平成28年2月24日(水)から3日間、インテックス大阪で開催される第2回再生医療産業化展にブース出展致します。

    【会期】2016年2月24日(水)~26(金) 10:00~18:00(最終日のみ 17:00)
    【会場】インテックス大阪

    会場にお越しの際には、是非弊社ブースにお立ち寄りください。お待ちいたしております。
  • 学会・展示会

    平成27年12月28日

    第32回日本毒性病理学会総会・学術集会参加のお知らせ

    平成28年1月28日から2日間、サンポートホール高松/かがわ国際会議場・展示場で開催されます『第32回日本毒性病理学会総会及び学術集会』にて、弊社 安全性研究部 毒性研究室 主任研究員 トキシコロジスト 武藤朋子による講演を行います。内容は、『ラットにおける発癌のメカニズムについて』となっております。ぜひ、お立ち寄りください。

    【会場】サンポートホール高松/かがわ国際会議場・展示場
    【日時】2016年1月28日(木) 8:30~10:00
    【No】O-08
    【テーマ】ラットにおける発癌のメカニズムについて
    株式会社化合物安全性研究所安全性研究部毒性研究室主任研究員トキシコロジスト 武藤朋子
  • 学会・展示会

    平成27年11月9日

    日本動物実験代替法学会 第28回大会

    平成27年12月10日から3日間、ワークピア横浜で開催されます『日本動物実験代替法学会 第28回大会』にて、ポスター発表を行います。
    内容は、BCOP法における角膜の病理所見による弱刺激性物質の評価についての発表となっております。ぜひ、お立ち寄りください。

    【会場】3Fポスター会場
    【日時】12月11日(金) 14:30-17:00
    【テーマ】BCOP法における角膜の病理所見による弱刺激性物質の評価について
  • 学会・展示会

    平成27年11月9日

    第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会

    平成27年12月1日から4日間、神戸ポートアイランドで開催されます『第38回日本分子生物学会年会』『第88回日本生化学会大会』にて、ポスター・ワークショップでの発表を行います。ぜひ、お立ち寄りください。

    【ポスター発表】
    会場:ポスター会場2(1号館2階)
    日時:12月1日(火) 16:45~18:45
    番号:1P0335:絶食によるラット骨格筋ステロイド合成能の低下
    番号:1P0328:筋芽細胞C2C12を用いたステロイド合成とプレグネノロン硫酸抱合体の役割

    【ワークショップ】
    会場:第8会場(ポートピアホテル本館B1F北野)
    日時:12月4日(金) 9:00~11:30
    番号:4W8-4:涙腺における局所ステロイドの生理機能
    番号:4W8-5:骨格筋合成ステロイドホルモンの意義およびステロイド抱合体の役割
  • 学会・展示会

    平成27年10月9日

    第37回日本バイオマテリアル学会

    平成27年11月9日(月)~10日(火)の2日間、京都テルサで開催されます、『第37回日本バイオマテリアル学会』にて、ブース出展及びランチョンセミナーを開催いたします。
    ランチョンセミナーでは、弊社安全性研究部 アドバイザー 兼 薬理研究室顧問 河村公太郎 による「再生医療等製品における生物学的安全性試験について」と題して弊社の実績と共に解説をさせていただきます。

    【会場】京都テルサ C会場 (東館3F 大会議室)
    【日時】2015年11月9日(月)12:30~13:15
    【テーマ】再生医療等製品における生物学的安全性試験について
    株式会社化合物安全性研究所 安全性研究部 アドバイザー 兼 薬理研究室顧問 河村公太郎
    ※当日朝から西館1階総合受付にてお弁当引換券を配布いたします。是非皆様のご参加をお待ちしております。
  • 学会・展示会

    平成27年9月30日

    食品開発展2015 ブース出展

    平成27年10月7日(水)~10日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催されます、『食品開発展2015』にて、ブース出展及びプレゼンテーション発表を行います。
  • ピックアップ

    平成27年9月9日

    薬事日報に記事が掲載されました

    2015年8月26日発行の薬事日報にて、弊社が新たに取り組んでいる「呼吸器感作性試験法」についての記事が掲載されました。
    その他、「生殖試験」、「再生医療」、「BCOP法」など、得意とする既存領域についても掲載されております。
  • 論文

    平成27年9月

    Adrenal steroidogenesis disruption caused by HDL/cholesterol suppression in diethylstilbestrol-treated adult male rat.
    Haeno S, Maeda N, Yamaguchi K, Sato M, Uto A, Yokota H.
    Endocrine. 2015 Sep 8
  • 学会・展示会

    平成27年8月10日

    牛摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP法)研修会 追加募集のご案内

    下記日程にて行います牛摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP法)研修会に若干名の空きが出ましたので再募集致します。
    なお、お席には限りがございますので定員になり次第締め切りとさせて頂きます。ご了承ください。

    【開催日時】平成27年9月14日(月)~15日(火)
    【開催場所】(株)化合物安全性研究所)

    是非皆様のご参加お待ちしております。
  • 学会・展示会

    平成27年7月2日

    第42回毒性学会学術年会終了のお知らせ

    6月29日(月)~7月1日(水)の3日間、石川県立音楽堂他で開催された第42回毒性学会学術年会は無事終了いたしました。
    弊社ブースならびにポスター発表には、多くの方々にお立ち寄り頂きましたこと改めて厚く御礼申しあげます。
    弊社はこれからも、最新の情報発信が出来るよう取り組んでまいる所存でございます。
    何卒、今後ともご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
  • 学会・展示会

    平成27年6月5日

    第42回毒性学会学術年会

    平成27年6月29日(月)~7月1日(水)の3日間、石川県立音楽堂他で開催されます、『第42回毒性学会学術年会』にて、ブース出展及びポスター発表を行います。
    弊社ブースでは、BCOP・再生医療・生殖試験をテーマとした構成となっております。

    ○ブース
    期間:2015年6月29日(月)~7月1日(水)
    会場:石川県立音楽堂 B1F「交流ホールおよびホワイエ」(ポスター・展示会場)
    ブース番号:A-21

    ○ポスター
    発表日:7月1日(水)13:30~
    発表者:安全性研究部 病理検査室 伊藤 浩太
    演題名:牛角膜を用いた混濁度および透過性試験法(BCOP法)によるGHS分類2B物質の測定結果
    ポスター番号:P-256

    発表日:7月1日(水)13:30~
    発表者:安全性研究部 毒性研究室 藤井 咲子
    演題名:フルシトシンのラット胎児に及ぼす影響について
    ポスター番号:P-177
  • イベント

    平成27年3月19日

    第4回学術講演会終了のご報告

    3月13日(金)にタワーホール船堀にて開催いたしました「㈱化合物安全性研究所 第4回学術講演会」は、皆様方の多数のご出席を賜り無事終了することができました。
    ご講演くださいました講師の先生方ならびにご参加頂きました多くの皆様方に心より御礼申し上げます。
    弊社は今後も、最新の情報発信が出来るよう取り組んでまいる所存でございます。
    何卒、今後ともご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
  • 論文

    平成27年2月

    Assessment of testicular corticosterone biosynthesis in adult male rats.
    Maeda N, Tahata S, Yagi T, Tanaka E, Masu K, Sato M, Haeno S, Onaga T, Yokota H.
    PLoS One. 2015 Feb 23;10(2):e0117795. doi:
  • ピックアップ

    平成27年1月27日

    化安研通信 No.8 発行

    ニュースレター「化安研通信 No.8」を発行致しました。
    今号では、第4回学術講演会で講演いただく先生方の演題が決定致しましたので詳細を掲載しております。
    その他『再生医療製品の安全性』について等となっております。是非ご覧ください。
  • イベント

    平成27年1月20日

    第4回学術講演会開催のお知らせ

    第4回となる今回の講演会では、農薬の安全性評価、医薬品開発の初期段階における安全性評価、再生医療の最新動向、並びに動物実験代替法開発の現状など、ご専門の先生方のご協力をいただき、社会的に関心の高いテーマについて学術講演会を開催する運びとなりました。
    ご多忙の折とは存じますが、万障お繰り合わせの上、多数の皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

    【テーマ】生物学的安全性評価の新たな動向について ~農薬、医薬品、再生医療、動物試験代替法など~
    【日時】2015年3月13日(金)13:30~17:10
    【会場】タワーホール船堀2階(桃源の間)東京都江戸川区船堀4丁目1番1号(都営新宿線 船堀駅北口すぐ)
    【申込期間】3月6日(金)17:00迄
    【定員】150名
  • ピックアップ

    平成27年11月27日

    化安研通信 No.7 発行

    ニュースレター「化安研通信 No.7」を発行致しました。
    No.7では、急性神経毒性試験の実績や第4回学術講演会開催のお知らせ等となっております。是非ご覧ください。

    ⇒ 化安研通信 No.7
  • 学会・展示会

    平成26年11月18日

    日本実験動物代替法学会第27回大会

    平成26年12月5日(金)~7日(日)の3日間、横浜国立大学で開催されます、『日本実験動物代替法学会第27回大会』にて、弊社 安全性研究部 河村公太郎がポスター発表を行います。

    【日時】2014年12月5日(金)~7日(日)
    【会場】横浜国立大学教育文化ホール大集会室

    ○ポスター
    演題名:牛角膜を用いた混濁度及び透過性試験法(BCOP法)の背景データの推移と眼刺激性物質のIVIS値の解析
    発表日:2014年12月7日(日)8:45~9:40
    ポスター番号:P-11

    会場にお越しの際には是非ご清聴頂ければ幸いです。
  • 学会・展示会

    平成26年9月10日

    牛摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP法)研修会終了のご報告

    平成26年9月8日(月)~9日(火)の日程で行われました眼刺激性試験代替法(BCOP法)の研修会には、定員一杯、10社10名の皆様にご参加いただき無事終了致しました。
    ご指導いただきました「国立医薬品食品衛生研究所」小島 肇先生はじめ、ご参加いただきました皆様に心より御礼申し上げます。
    今回頂戴致しました大変貴重なご意見を参考にさせて頂き、今後はBCOP法の発展ならびに弊社の技術力向上に努めて参ります。
    今後とも何卒変わらぬご指導の程宜しくお願い致します。
  • 学会・展示会

    平成26年7月14日

    第34回比較眼科学会年次大会

    8月9日(土)10日(日)の2日間、一橋講堂(一橋大学・東京)で開催されます、『第34回比較眼科学会 年次大会』にて、弊社 安全性研究部 病理検査室 伊藤浩太が講演を致します。

    【日時】2014年8月9日(土)~10日(日)
    【発表日】2014年8月9日(土)17:00~17:45
    【会場】一橋講堂(一橋大学・東京)
    【テーマ】ウシ角膜を用いた混濁度および透過性試験法(BCOP法)による評価

    会場にお越しの際には是非ご清聴頂ければ幸いです。
  • ピックアップ

    平成26年6月13日

    化安研通信 No.6 発行

    ニュースレター「化安研通信 No.6」を発行致しました。
    No.6では、昨年ご好評を頂きました『BCOP法』体験研修会のご案内、第41回日本毒性学会学術年会ブース出展及びポスター発表、化審法GLP更新等となっております。是非ご覧ください。

    ⇒ 化安研通信 No.6
  • 学会・展示会

    平成26年6月1日

    第41回日本毒性学会学術年会ブース出展

    「第41回日本毒性学会学術年会」にてブース出展及びポスター発表を行います。
    弊社展示ブースでは、『BCOP法』や『新規食餌性動物モデル』の他、各種安全性試験をご紹介させて頂く予定となっております。

    ○ポスター発表
    発表日:7月3日(木)17:00~18:00
    ポスター番号:P-141
    発表者:安全性研究部 毒性研究室 野崎裕美
    演題名:新規食餌性肥満動物モデルとしての有用性に関する検討Ⅱ

    発表日:7月4日(金)13:30~14:20
    ポスター番号:P-253
    発表者:安全性研究部 病理研究室 伊藤浩太
    演題名:牛角膜を用いた混濁度および透過性試験法(BCOP法)による化粧品・医薬部外品の眼刺激性の検討
  • 学会・展示会

    平成26年4月15日

    日本実験動物科学技術 さっぽろ2014ブース出展

    2014年5月15日(木)~17日(土)に札幌コンベンションセンター(北海道札幌市)にて開催される「日本実験動物科学技術 さっぽろ2014」にてブース出展を行います。
    会場にお越しの際には、是非お立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。

    【期間】2014年5月15日(木)~17日(土)
    【会場】札幌コンベンションセンター (札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1)
    【ブース番号】K-8
  • ピックアップ

    平成26年4月1日

    化安研通信 No.5 発行

    ニュースレター「化安研通信 No.5」を発行致しました。
    No.5では、BCOP法を「化粧品」・「医薬部外品」の安全性評価に資するためのガイダンスについてや、医薬品・医療機器GLP適合性評価の更新、「化粧品」・「医療機器」・「再生医療」等をテーマに開催した学術講演会終了のお知らせ等となっております。是非ご覧ください。

    ⇒ 化安研通信 No.5
  • ピックアップ

    平成26年4月1日

    化審法GLP適合施設認証 更新のお知らせ

    この度、株式会社化合物安全性研究所は、(独)医薬品医療機器総合機構によるGLP適合性調査において、「化審法GLP適合施設認証」を更新致しましたのでお知らせいたします。

    化審法GLP適合確認書
  • 学会・展示会

    平成26年3月10日

    第3回学術講演会終了のご報告

    3月7日(金)にタワーホール船堀にて開催いたしました「㈱化合物安全性研究所 第3回 学術講演会」は、皆様方の多数のご出席を賜り無事終了することができました。
    ご講演くださいました講師の先生方々ならびにご参加頂きました多くの皆様方に心より御礼申し上げます。
    弊社は今後も、最新の情報発信が出来るよう取り組んでまいる所存でございます。
    何卒、今後ともご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
  • ピックアップ

    平成26年2月21日

    医薬品及び医療機器GLP適合性評価取得のお知らせ

    この度、株式会社化合物安全性研究所は、(独)医薬品医療機器総合機構によるGLP適合性調査において、「医薬品GLP」及び「医療機器GLP」何れにおいても「A」評価を更新致しましたのでお知らせいたします。

    医薬品GLP適合確認書
    医療機器GLP適合確認書
  • イベント

    平成26年2月3日

    第3回学術講演会開催のお知らせ

    この度、株式会社化合物安全性研究所では、ご専門の諸先生方の御協力を得まして、化粧品、医療機器および再生医療分野における評価法、並びに動物実験代替法開発の現状など、社会的に大きな意義を有しているテーマについて学術講演会を開催する運びとなりました。
    ご多忙の折とは存じますが、万障お繰り合わせの上、多数の皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

    【テーマ】生物学的安全性評価の新たな動向について ~化粧品、医療機器および再生医療における評価法など~
    【開催日時】2014年3月7日(金)13:30~17:20
    【会場】タワーホール船堀2階瑞雲 東京都江戸川区船堀4丁目1番1号
    【申込期間】2014年2月3日(月)~2月28日(金)17:00迄

    詳しくはこちらをご参照ください。
  • ピックアップ

    平成26年1月24日

    採用情報更新のお知らせ(終了)

  • ピックアップ

    平成25年12月26日

    化安研通信 No.4発行

    ニュースレター「化安研通信 No.4」を発行致しました。
    No.4では、医療機器の安全性試験のご紹介や、牛摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP法)の研究発表のご案内、光毒性試験代替法(in vitro 3T3 NRU)の受託などに関する内容となっております。是非ご覧ください。

    ⇒ 化安研通信 No.4
  • 学会・展示会

    平成25年12月20日

    第30回日本毒性病理学会総会及び学術集会

    第30回日本毒性病理学会総会及び学術集会にて、弊社 安全性研究部 病理検査室 室長 古川正敏によるBCOP法に関する研究発表を行います。

    【開催日時】2014年1月30日(木)~31日(金)
    【会場】あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)
    【演題名】牛角膜を用いた混濁度及び透過性試験法(BCOP法)における病理組織学的変化~被験物質の濃度及び暴露時間の影響~
    【発表日】1月30日(木)16:20~17:20

    会場にお越しの際には是非ご清聴頂ければ幸いです。
  • ピックアップ

    平成25年11月1日

    化安研通信 No.3発行

    ニュースレター「化安研通信 No.3」を発行致しました。
    No.3では、HS財団動物実験実施施設認証取得のお知らせ、弊社開発「新規食餌性肥満動物モデル」のご紹介などに関する内容となっております。是非ご覧ください。

    ⇒ 化安研通信 No.3
  • 学会・展示会

    平成25年10月18日

    第35回日本バイオマテリアル学会大会

    「第35回日本バイオマテリアル学会大会」にてブース出展を行います。
    弊社展示ブースでは、医薬品、医療機器並びに再生医療製品などの各種安全性試験をご紹介させて頂く予定となっております。

    【会場】タワーホール船堀
    【開催期間】2013年11月25日(月)・26日(火)

    会場にお越しの際には、是非弊社ブースにお立ち寄りください。お待ちいたしております。
  • ピックアップ

    平成25年10月1日

    HS財団動物実験実施施設認証取得

    この度、弊社研究所は、財団法人ヒューマンサイエンス振興財団の動物実験実施施設認証センターによる評価の結果、「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」に適合していると認められ、同財団の認証を取得致しました。
    弊社は、今後もより一層社内体制の整備に努め、「3Rの原則」に則った適正な管理のもと、高品質な非臨床試験を行うよう努めてまいります。

  • 学会・展示会

    平成25年9月10日

    牛摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP法)研修会終了のご報告

    平成25年9月3日(火)~4日(水)の日程で行われました眼刺激性試験代替法(BCOP法)の研修会には、定員一杯の9社10名の皆様にご参加いただき無事終了いたしました。
    ご指導いただきました「国立医薬品食品衛生研究所」小島 肇先生はじめ、ご参加いただきました皆様に心より御礼申し上げます。
    今後ともBCOP法をはじめ、様々な情報発信が出来るよう取り組んでまいります。
    研修会内容について何かご不明な点等ございましたらお気軽に弊社までお問い合わせください。
  • ピックアップ

    平成25年8月27日

    化安研通信 No.2発行

    ニュースレター「化安研通信 No.2」を発行致しました。
    No.2では「再生医療製品の安全性試験」、「BCOP法の改訂ガイドライン(OECD TG437)」に関する内容となっております。是非ご覧ください。

    ⇒ 化安研通信 No.2
  • 学会・展示会

    平成25年8月27日

    食品開発展2013出展

    東京ビッグサイトにて開催されます「食品開発展2013」にてブース出展及びプレゼンテーション発表を行います。
    会場にお越しの際には、是非お立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。

    ○出展ブース
    会場:東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム
    開催期間:2013年10月9日(水)・10日(木)・11日(金)
    開催時間:10:00~17:00
    ブース番号:1-250

    ○プレゼンテーション
    会場:東京ビッグサイト西1・2ホールプレゼンテーションルーム C会場
    日時:2013年10月10日(木)10:30~10:50
    テーマ:「機能性食品の開発を支援します。」
  • 学会・展示会

    平成25年8月7日

    比較眼科学会年次大会

    「第33回 比較眼科学会年次大会」において一般口演発表を行います。
    会場にお越しの際には、是非お立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。

    ○一般口演
    会場:ジェイドガーデンパレス (鹿児島市上荒田町19番1号)
    日時:2013年8月24日(土)15:50~16:45
    発表者:安全性研究部 病理検査室 伊藤浩太
    演題名:牛角膜を用いた混濁度および透過性試験法(BCOP法)による弱刺激性物質
  • ピックアップ

    平成25年7月1日

    化安研通信 創刊のお知らせ

    この度、ニュースレター「化安研通信」を創刊致しました。
    「化安研通信」では弊社で取り組んでいる新規試験の情報や国内初のBCOP法に関する情報、またセミナーやイベントに関する情報など、毎号さまざまなテーマを取り上げて皆様へ情報を提供いたします。是非ご覧ください。

    ⇒ 化安研通信 No.1
  • イベント

    平成25年6月10日

    牛摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP法)研修会のご案内

    下記日程にて牛摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP法)研修会を開催いたします。

    【開催日時】2013年9月3日(火)~4日(水)
    【開催場所】(株)化合物安全性研究所

    是非皆様のご参加お待ちしております。
  • 学会・展示会

    平成25年5月7日

    第40回 日本毒性学会学術年会 ポスター発表のお知らせ

    「第40回 日本毒性学会学術年会」にてポスター発表を行います。
    会場にお越しの際には、是非お立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。

    ○ポスター発表①
    発表日:2013年6月18日(火)
    演題名:新規食餌性肥満動物モデルとしての有用性に関する検討
    演題番号:P-78
    質疑・応答時間:16:00~17:00

    ○ポスター発表②
    発表日:2013年6月18日(火)
    演題名:牛角膜を用いた混濁度および透過性試験法(BCOP法)による弱刺激性物質の評価
    演題番号:P-113
    質疑・応答時間:16:00 ~ 17:00
  • ピックアップ

    平成25年3月27日

    化合物安全性研究所 東京事務所移転のお知らせ

    このたび弊社東京事務所は4月8日(月)より下記に移転することになりました。何卒今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

    移転日:平成25年4月8日(月)
    新住所:〒110-0015 東京都台東区東上野三丁目34番6号ヒューリック東上野ビル3階
    (最寄駅:JR上野駅・東京メトロ銀座線稲荷町)
    TEL:03-3831-5810
    FAX:03-3831-5818
    (TEL番号及びFAX番号は変更ありません)
  • 学会・展示会

    平成25年3月27日

    第40回 日本毒性学会学術年会 ブース出展のお知らせ

    平成25年6月17日(月)~19日(水)に幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市)にて開催される「第40回 日本毒性学会学術年会」にてブース出展を行います。
    会場にお越しの際には、是非お立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。

    ○ポスター発表①
    開催日時:2013年6月17日(月)~19日(水)
    開催場所:幕張メッセ2Fコンベンションホール及びロビー
    展示場所:小間番号10番
  • 学会・展示会

    平成25年3月13日

    第12回日本再生医療学会総会 ブース出展のお知らせ

    平成25年3月21日(木)~23日(土)にパシフィコ横浜にて開催される「第12回日本再生医療学会総会」にてブース出展を行います。
    会場にお越しの際には、是非お立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。

    【開催日時】2013年3月21日(木)~23日(土)
    【開催場所】パシフィコ横浜会議センター3階 301・302会議室およびホワイエ
    【展示場所】小間番号5番
  • 学会・展示会

    平成25年1月23日

    学術講演会当日の講演順序変更のお知らせ

    2013年2月22日(金)に富士ソフトアキバプラザで開催する学術講演会の講演順序が変更となりました。
    皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、変更後のプログラムにて講演順序を改めてご確認くださいますようお願い申し上げます。
  • イベント

    平成25年1月8日

    学術講演会開催のお知らせ

    公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(略称:ノーステック財団)と株式会社化合物安全性研究所では、ご専門の諸先生方の御協力を得まして、再生医療分野をはじめとした医療機器開発の最新動向、並びにBCOP法の普及・発展を含めた動物実験代替法の開発状況など、社会的に大きな意義を有しているテーマについて学術講演会を開催する運びとなりました。
    ご多忙の折とは存じますが、万障お繰り合わせの上、多数の皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

    【タイトル】革新的な医療機器の開発と動物実験代替法の最前線 ~再生医療分野およびin vitro系の新しい試験法~
    【開催日時】2013年2月22日(金)14:00~17:40
    【会場】富士ソフトアキバプラザ 5階富士ソフトアキバホール 東京都千代田区神田練堀町3
    【申込期間】2013年1月7日(月)~2月13日(水)17:00迄
  • 学会・展示会

    平成24年12月5日

    「日本動物実験代替法学会第25回大会」

    12月7日から開催の「日本動物実験代替法学会第25回大会」にて、ポスター発表を行います。

    【会場】慶應義塾大学薬学部芝共立キャンパス[東京都港区]
    【開催期間】12月7日・8日・9日
    【ポスター発表期間】12月8日・9日
    【発表題目】(P13)眼刺激性評価のための牛角膜を用いた混濁度および透過性試験法(BCOP法)

    会場にお越しの際には是非お立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。
  • 学会・展示会

    平成24年11月17日

    「日本バイオマテリアル学会シンポジウム2012」

    11月26日から開催される「日本バイオマテリアル学会シンポジウム2012」にて、ブース展示を行います。

    【会場】仙台国際センター
    【日時】11月26日・27日

    会場にお越しの際には是非お立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。
  • 学会・展示会

    平成24年11月17日

    「食品開発展2012」

    10月3日から開催される「食品開発展2012」にて、出展社プレゼンテーションを行います。

    【演題】メタボ対策を指向した食品の評価モデルの開発
    【会場】東京ビックサイト H会場
    【日時】10月3日14:00~14:20

    会場にお越しの際には是非お立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。
  • 学会・展示会

    平成24年7月5日

    第39回日本毒性学会学術年会 企業展示及びポスター発表のお知らせ

    平成24年年7月17~20日に開催する「第39回日本毒性学会学術年会」にて、企業展示及びポスター発表を行います。
    皆様のお越しをお待ち申し上げます。

    【展示場所】仙台国際センター2F「桜」
    【ブース】No33

    ○ポスター発表①
    日時:7月19日(木)16:30~17:30
    場所:ポスター会場1
    演題番号:P-221
    演題名:新規食餌性肥満モデル検討用飼料によるラットの生体機能に及ぼす影響-3系統での比較

    ○ポスター発表②
    日時:7月19日(木)16:30~17:30
    場所:ポスター会場3
    演題番号:P-245
    演題名:眼刺激性評価のための牛角膜を用いた混濁度および透過性試験法(BCOP法)
  • ピックアップ

    平成24年4月21日

    新規受託試験開始のお知らせ

    新規受託項目:牛摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP法)

    当社は、2009年9月に経済協力開発機構(OECD)の化学物質の刺激性試験法に関するガイドライン(OECD TG437)に採択された「牛摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP法)」の受託を開始いたします。
    この試験法は、動物試験の代替法であり、化粧品、医薬部外品等の刺激性試験としてのみならず、医薬品をはじめとする、あらゆる新規化学物質の動物を犠牲にしない一次スクリーニング試験としても有用と考えております。
    試験に関するお問い合わせは、当ホームページの「お問い合わせ」、もしくは、お電話にてお待ちいたしております。詳細は下記の「新規受託試験開始のお知らせ」をご確認お願いいたします。

    新規受託試験開始のお知らせ
  • 学会・展示会

    平成24年2月6日

    「学術講演会」開催のお知らせ(講演会は終了いたしました。)

    平成24年3月16日、タワーホール船堀にて、以下内容の「学術講演会」を開催いたします。

    「生物学的安全性試験法の最新動向について」
    ~化粧品・医薬部外品、医療機器及び再生医療分野における新しい評価法など~

    日時:平成24年3月16日(金)14:00~17:20
    場所:タワーホール船堀(小ホール)
    演題名:「再生医療の最新情勢」
    富士ソフト株式会社 再生医療研究部 部長 原井 基博先生

    「医療機器ガイドラインの動向」
    テルモ株式会社 研究開発センター 主席研究員 坂口 圭介先生

    「牛摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP)の事業化」
    株式会社化合物安全性研究所 第四研究室 室長 河村 公太郎

    「代替法の現状および化粧品の安全性評価」
    国立医薬品食品衛生研究所 薬理部 新規試験法評価室 室長 小島 肇先生

    講演会・懇親会は参加無料です。皆様のお越しをお待ちしております。
    参加申込書はこちら
  • 学会・展示会

    平成23年12月30日

    「食品関連産業交流会」企業展示及びプレゼン実施のお知らせ

    平成24年1月10日に開催される「食品関連産業交流会」にて、企業展示及びプレゼンテーションを行います。

    <食品関連産業交流会>
    道産素材の安全性・有用性探索技術による新展開に向けて

    日時:平成24年1月10日(火)13:30~17:00
    場所:ニューオータニイン札幌 2F 北斗の間
    演題名:食品の機能性評価と安全性試験

    皆様のお越しをお待ちしております。
  • 学会・展示会

    平成23年11月5日

    「第33回日本バイオマテリアル学会大会」企業展示のお知らせ

    2011年11月21~22日に開催される「第33回日本バイオマテリアル学会大会」にて、企業展示を行います。

    場所:京都府民総合交流プラザ 京都テルサ

    皆様のお越しをお待ちしております。
  • ピックアップ

    平成23年10月19日

    医薬品等の非臨床安全性試験における「一般毒性試験」試験責任者経験者(中途採用)の募集受付を開始しました。

  • 学会・展示会

    平成23年9月30日

    「食品開発展2011」企業展示及びプレゼン実施のお知らせ

    2011年10月5~7日に開催される「食品開発展2011」にて、企業展示及びプレゼンテーションを行います。

    展示場所:東京ビックサイト 西1ホール
    小間番号:1-246

    <プレゼンテーション>
    日時:10月5日(水)15:30~15:50
    場所:H会場
    演題名:食品の機能性評価と安全性試験

    皆様のお越しをお待ちしております。
  • ピックアップ

    平成23年9月13日

    平成24年4月採用 新卒者募集(2次)の受付を開始しました。

  • 学会・展示会

    平成23年7月6日

    第38回日本トキシコロジー学会学術年会 企業展示及びポスター発表のお知らせ

    2011年7月11~13日に開催される「第38回日本トキシコロジー学会学術年会」にて、企業展示及びポスター発表を行います。

    展示場所:パシフィコ横浜 会議センター3F
    ブースNo:S33

    <ポスター発表>
    日時:7月13日(水)9:00~16:00
    演題番号:P-173
    演題名:ラットの脂質代謝に影響を及ぼす飼料成分に関する検討

    皆様のお越しをお待ちしております。
  • ピックアップ

    平成23年3月31日

    化学物質GLP適合結果「可」を取得しました。

  • ピックアップ

    平成23年3月31日

    「東北地方太平洋沖地震」への義援金

    当社85名の従業員と会社から、被災地の一日も早い復興を祈念し、ささやかながら義援金を寄付させていただきました。
  • ピックアップ

    平成23年3月24日

    「東北地方太平洋沖地震」の影響と「受託試験の支援」に関するお知らせ

  • ピックアップ

    平成23年3月14日

    「東北地方太平洋沖地震」の影響に関するお知らせ

    詳しくはこちら
    弊社は通常営業を行っております。
  • ピックアップ

    平成23年3月1日

    医薬品医療機器総合機構による医薬品GLP査察の結果、「評価結果 A」を取得しました。

  • ピックアップ

    平成23年3月1日

    医薬品医療機器総合機構による医療機器GLP査察の結果、「評価結果 A」を取得しました。

  • ピックアップ

    平成23年2月8日

    ホームページをリニューアルしました。

  • 学会・展示会

    平成22年10月1日~2日

    「第31回日本肥満学会 ポスター発表」

    新規食餌性肥満モデル検討用飼料によるラットの生体機能に及ぼす影響
  • 学会・展示会

    平成22年6月16日~18日

    「第37回トキシコロジー学会学術年会 ポスター発表」

    ラット血清中アルミニウムの濃度測定
    ファーストフード様飼料によるラットの脂質代謝に対する影響
  • 論文

    平成22年

    エピルビシン塩酸塩注射50mg/25mL「サンド」および標準製剤(ファルモビシン®RTU注射液50mg)のヒト膀胱癌細胞株に対するin vitro抗腫瘍作用の比較
    雑誌名:新薬と臨牀
    巻、頁、年:Vol.59 No.6 1005-1010(2010)
    A one-generation reproductive toxicity study of ethyl tertiary butyl ether in rats.
    雑誌名:Reprd. Toxicol.
    巻、頁、年:30:414-421(2010)

ページの先頭へ戻るページトップへ