会社案内 Commissioned test

ご挨拶

こんにちは、株式会社化合物安全性研究所の社長を勤めます松浦正男です。
当社は、1970年に北海道の風土病であるエキノコックス病の克服を使命として、北海道大学、札幌医科大学の医学者グループによって、医薬品の安全性の研究を目的として設立された会社です。以来、一貫して化学物質から医薬品まで、「総合的な安全性評価」をテーマに、さまざまな非臨床試験の受託研究を展開してきました。

今日、私たちを取り巻く環境には、様々な化学物質が溢れています。医薬品をはじめ農薬や食品添加物、工業化学物質など。それらは人類の幸福や豊かさに大きく貢献している一方、科学進歩の反動とも呼べる副作用や環境破壊なども起こしてきました。当社の大きな使命の一つは、化学物質の研究・解析により、それらのマイナス面を予測し、防止することです。

また、医薬品の分野においては、メーカーから委託を受けた安全性試験や薬理試験などの非臨床試験とともに、2001年より医薬品開発における臨床試験の受託試験も新たに展開しており、優れた医薬品の誕生をサポートすることで、社会に貢献していきたいと考えております。

医薬品はもちろんのこと、例えば食品についてもそれらのもとを作る農薬や飼料など、今日、ますます高い安全性とその機能性の解明が求められています。当社は、これまで培ってきた豊富な経験と実績、さらに最新鋭のテクノロジーを駆使して、より多くのご要望にお答えできるよう、研鑽・努力をして参りたいと思っております。

「研究所」という名前を持つ当社は、一般の方には馴染みのない会社かもしれません。しかし、その内容は、皆さんの暮らしにとても近く、日常のいろいろな場面でお役に立っている仕事である、とご理解いただければ幸いです。

もっと多くの皆様に貢献できる会社でありたいと、思っております。

代表取締役社長 松浦正男

ページの先頭へ戻るページトップへ