会社案内 Commissioned test

企業沿革

1.端緒
1967年(昭和42年)に北海道庁衛生部より北海道大学医学部 田辺教授に、医薬品の毒性試験の依頼があった。同教授は薬学部 岩本教授、獣医学部 大賀教授、札幌医科大学 田中教授らの応援を得て毒性試験にとりかかった。

2.前身(安全性試験協会)
1969年(昭和44年)2月、毒性試験に興味を持った数名の同志が安全性試験協会を設立し、同協会研究所長として真崎健夫 北海道大学名誉教授が就任した。

3.設立と発展
1970年(昭和45年)9月、同志の醵金により株式会社化合物安全性研究所を設立。研究所長として新保幸太郎 札幌医科大学名誉教授が就任。

1973年(昭和48年)12月 本館(旧第1研究棟:マウス・ラット飼育施設)新築
[1993年(平成5年)5月閉鎖]
1979年(昭和54年)4月 第2研究棟(マウス・ラット飼育施設)新築
[1995年(平成7年)5月閉鎖]
1980年(昭和55年)9月 GLP体制を採用
1981年(昭和56年)2月 第3研究棟(恵庭分室開設:イヌ飼育施設)新築
[1997年(平成9年)10月閉鎖]
1982年(昭和57年)2月 第1研究棟(マウス・ラット飼育施設)新築
[1995年(平成7年)5月閉鎖]
1983年(昭和58年)11月 第4研究棟(恵庭分室増設:モルモット・ウサギ飼育施設)新築
[1997年(平成9年)10月閉鎖]
1984年(昭和59年)9月 第5研究棟(病理検査施設)を開設
[1993年(平成5年)7月閉鎖]
1987年(昭和62年)4月 薬理試験開始(一般薬理)
1988年(昭和63年)11月 第6研究棟(臨床検査施設)新築
[1995年(平成7年)5月閉鎖]
1989年(平成元年)10月 第1研究棟4階動物飼育室(マウス・ラット飼育施設)増設
[1995年(平成7年)5月閉鎖]
1991年(平成3年)3月 新研究所用地(札幌市真栄)を取得
1992年(平成4年)1月 変異原性試験開始
(復帰突然変異試験・染色体異常試験・小核試験)
1992年(平成4年)7月 新研究所(札幌市真栄)起工
1993年(平成5年)7月 本社札幌研究所(札幌市真栄)竣工・稼動
1997年(平成9年)4月 札幌研究所にイヌ飼育施設開設
1998年(平成10年)5月 札幌研究所にウサギ飼育施設開設
2001年(平成13年)10月 臨床事業 開始
2003年(平成15年)3月 医療機器GLP試験 開始
2008年(平成20年)6月 札幌研究所(4階)にモルモット・ウサギ飼育室増設
2008年(平成20年)7月 札幌研究所の2階飼育室(No.201~No.205)をバリア飼育室に改修
2009年(平成21年)8月 札幌研究所(1階)にイヌ飼育室増設
2010年(平成22年)4月 再生医療等製品の安全性試験受託開始
2011年(平成23年)4月 札幌研究所 保存管理棟(資料保存室、動物器材保存庫)増設
2011年(平成23年)6月 札幌研究所 バリア飼育室(5室)、
モルモット・ウサギ飼育室(6室)増設
2012年(平成24年)4月 安全性試験システム「Mi TOX」稼動
牛摘出角膜を用いた眼刺激性試験代替法(BCOP法)受託開始
2013年(平成25年)9月 HS財団 動物実験第三者認証 取得
2014年(平成26年)12月 再生医療等製品GLP試験 開始

ページの先頭へ戻るページトップへ